“Fカップの巨乳人妻との濃厚セックス出来事覚え書き”

“出会い系サイトでの不倫セックスにハマっている人妻のリアルな外見が伝わってくるような評定がありました。射精した直後、当たり前のようにお保守フェラを通してくれるというのも、セックス慣れした人妻ならではという感じですね。ちゃんとエロいです。<愉快メール評定(44歳・神奈川県内ダディー)>今まで出会い系サイトで何人もに出会ってきたが、今回の人妻は今までで最高に良かったです。40値段として正に綺麗なFカップのミルクの持ち主。この前にセックスした時は玩具責めの後にしたセックスで降参されてしまい、その美しいミルクに縄をかけることが出来なかったのがだいぶ残念だったんです。ぴんぴんに勤める人妻で、事業も忙しいようでどうも会えなかった。暫くコンタクトもないからもはや会えることは薄いのかなと諦めかけていたスポット、久々に連絡をもらって会いに行きました。あの巨乳がまた味わえるというとそれだけで勃起が収まりません。でも会える時間は限られているので、宿屋に入るやいなやシャワーを浴びてすぐにプレイを出発。ソファーで抱き合いながら熱いディープキスを交わした直後、人妻が着ていたガウンをはだけさせて、そのミルクにむしゃぶりついた。どれだけこういうミルクにむしゃぶりつきたかったことか。そして乳首までもが舐め易いちょうどいいがたいで、しかもセンシチブですぐにコチコチに硬くなる。ソファーでそのミルクを久しぶりに堪能した自分は、人妻のガウンを脱がしてベッドに連れて行った。ベッドに寝かせても、丸く崩れない人妻のミルクを舐めては吸い、揉みしだいては吸い、というのを繰り返す。清々しくなってきて淫乱な女性になってきた人妻は、喘ぎ動画も本当に可愛らしい。今まで何人の旦那を悦ばせてきたのだろうか。自分の舌は、ミルクから下に向かい、小さめのアソコに到達すると、これまた体に似合わずちっちゃなクリトリスを楽しませてもらう。そして舌と指でクリトリスと膣トラップへの二詳細責めを開始する。「あっ、清々しい。甚だしく清々しい。。」人妻の喘ぎ動画とうねらせる腰のはしたない動きを楽しみながら自分は休まずに責め続けた。そして人妻の口の近くにちん○を持ち歩くと、待っていたかのようにいやらしくむしゃぶりついてきた。舌をいやらしく使った抜群のフェラテクを存分に堪能してから、アソコにギラギラになったちん○をぶち込んだ。そして単語責めも同時に行う。「これが欲しくて、自分に連絡してきたんだろ?」「あっ、あっ、はい、そうです。。」「自分のちん○はどうだ?」「あっ、あッ、ものすごく気持ち良いです。」人妻の喘ぐ持ち味を見下ろしながら、スムーズ位で突きまくった直後、つぎは後ろ向きに這いつくばらせると、けつを掴みながら後ろから犯すように挿入する。「あっ、あッ、無茶っ、再びイッちゃう。イッちゃうよ~。」すぐにイってしまったが、やはり一度イッたぐらいでは許さない。専ら何度も何度も連続でイカせる。「あっ、もはや無茶っ。二度と無茶よ。許して。」「ダメダメな、どこに出してほしい?」「手配、外部に出して。」「あっ。でも更にイキみたい。中に思う存分出してやるよ。」「無茶っ、無茶っ、それだけは許して。」「あっイクッ。出すぞ。」そして自分は間一髪のタイミングでちん○を抜き、けつ肉に大量の精液をぶちまけた。べとべとになったちん○を人妻の口元にとって行くと、当たり前のようにお保守フェラを通してくれる。ほんとに美味しそうに。歓喜気持ちな面持ちで舐めて綺麗にしてくれる。でもそれでは終わらない。そこから、バイブ責めが始まり、しばらくして二回目の挿入。そして自由にできる2年月という時間はあっと言う間に過ぎ去ってしまった。後になって振り返ると、今日も人妻に縄を架けるのを忘れてしまった。人妻の美しいミルクを味わい過ぎて、それで興奮しすぎて忘れてしまっていた。人妻は、今日は出されてしまうかもしれないという中出しのデメリットを味わい、自分は中に出したらどうしてなるだろうかと、お互いに戦慄を楽しんでいた。こういう大人の遊戯の中の戦慄は最高に興奮する。またいつかも単語責めで暴行ながら最高に涼しいセックスをしたいという。”

“Fカップの巨乳人妻との濃厚セックス出来事覚え書き”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です